リンク集
飼い猫の攻撃の誇示行動の態度はきわめて表情豊かであり、それか向けられる相手に応じて表現はまったく異なる。
飼い猫の生活に深く「立ち入りすぎた」人間の友人にたいする場合と、イヌやほかの飼い猫のような恐ろしい敵にたいする場合では態度か変わるし、純粋に自己防衛のために行なうか、それとも自信に満ちてつぎの攻撃を予告するかによっても異なる。
飼い猫はつねに攻撃の意図を相手に告げる。
そして、信じられぬほどまれな場合か、心に欠陥のある精神病者はイヌと同じように飼い猫もこれにかかるのほかは、敵にあらかじめはっきりした警告をあたえずには、けっして噛んだり、ひっかいたりしない。
実際に、ふつうはしだいに高まっていく攻撃の誇示行動の姿勢か、攻撃の直前には、突然に激しさを増す。
これは明らかにつぎのような最後通告である。
「すぐに立ち去れ。
さもないと残念ながら報復手段に訴えることになるぞ」。
飼い猫は、よく知られた「背を丸める」姿勢をとってイヌあるいは他の危険な捕食獣を攻撃の誇示行動する。
まっすぐに立ち、四肢をこわばらせてできるだけ背を高くし、背中としっぽの毛を逆立て、敵にたいして自分の体をより大きくみせるために、尾は体の片側にわずかにずらす。
それは、ある種の魚が自分を誇示したり、敵を攻撃の誇示行動したりする様子に似ている。
耳は平らに伏せられ、口の端は後方にひかれ、鼻にはしわがよる。
その胸から、低い、奇妙な金属的なうなり声が発せられ、しばしばそれはよく知られた「つばを吐く」ような音で、絶頂に達する。
その音は、口を大きく開き、門歯がむき出しにされるときに、のどからもれるのである。
この攻撃の誇示行動の姿勢が、それ自体としては自衛的なものであることについては疑問の余地かない。
それは、飼い猫が突然大きなイヌと顔をつきあわせ、逃げだすいとまがないときに、最もよくみられる。
この警告にもかかわらずイヌが近づいてこようものなら、飼い猫は逃げずに、イヌが一定の「限界距離」を超えると直ちに攻撃に移る。
飼い猫はイヌの顔をめがけて突進し、爪と歯でイヌの最も傷を受けやすい部分、可能なときには目と鼻に猛烈な攻撃を加える。
イヌが一寸でもひるんだ様子をみせると、飼い猫はこの一瞬を利用して逃走するのがつねである。
このように、飼い猫の短い攻撃は、逃げだすためのほんの時間かせぎというわけである。
 しかし、飼い猫が背を丸めた姿勢で、長いこと真剣な攻撃をつづける場合か一つある。
それは自分の子どもを守るときである。
この場合、敵がある程度離れたところにいると飼い猫は、それに近づいてゆき前後左右にかけめぐりつつ、奇妙なやり方で動きまわる。
それは飼い猫が、たえず敵に自分の側面をみせていなければならないからである。
もっとも、しっぽを横にしながらするこの体の側面をみせての早駆けか、本当に真剣な態度で行なわれるのは滅多に見られず、子飼い猫の遊びのなかでのみ頻繁にみられるのである。
私は、遊びでのほかには、これを大人の雄飼い猫がやるのをげっしてみたことかない。
彼らが、敵にたいしてこのような攻撃を行なわざるをえない状況というものがなかったからである。
授乳中の雌飼い猫の場合には、この側面をみせての攻撃は、絶対無条件の自己犠牲を覚悟したものであって、この状態では、もっともおとなしい飼い猫でもほとんど無敵である。
飼い猫殺しとして悪名の高い大きなイヌがこの攻撃にぶつかって降参して逃げだしたのを、私はみたことかある。
All Pretty Tails Philocomb Classy Cat & Dog Dishes Philocomb 輝く被毛はゴールデン・レトリーバー フラットコーテッド・レトリーバー ボーダー・コリー  我が家は王室並みキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル  犬猫好きのトイ・プードル  家族のような柴犬・ビーグル  猫好き家族のアメリカン・ショートヘアー  我輩は猫王メインクーン  パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャー  メタボ近しミニチュア・ダックスフンド  ペット抜け毛取りブラシ選び  スキップ大好きチワワ  マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア  力を抜いたラグドール  ペット好きのパピヨン  野良猫日本猫  うさぎ  誇り高きライオン シー・ズー  踵齧りウエルッシュ・コーギー・ペンブローク  野良黒 ミニチュア・シュナウザー  日本のネコに野生猫  水着が欲しいラブラドール・レトリーバー  世界のネコ  Land1 花  Land2 花ランド 
ブラシやくしだと、後片付けが大変ですが、ペット用品は、簡単で扱いやすく気に入っています。

お友達もこれなら使えそうだ!と
気に入ってくれたようです。

ペット用品の使い心地に満足しました。
特に、毛がごっそり取れるのに飛び散らないのがいいですね。
私はこれの前に毛がごっそり取れる道具を大々的に宣伝していたので買いましたが、
使いごこちが悪いのかわんこが嫌がりました。
こんな単純にみえる道具でこんなに機能的に優れているとは使ってみないとわからないでしょう。
私は我が家のハスキーわんこ(5歳)2頭と後何年一緒に暮らせるかしらといつも勘定していますが、
このペット用品で毛を漉いてセーターとまではいかなくてもクッションぐらいは作って記念にとって置きたいと思っています。
ペット用品大変使い易く、ムダ毛もスッキリ取れるので大満足です!!
しかも、ブラシ嫌いな我が家の愛わんこも何の抵抗もなく気持ち良さそうにブラシをさせてくれるので、驚いています。
ハスキーの毛量には「固め」が使い易いです。
面白いようにゴッソリ取れるのにビックリです。
此処最近、夜は冷えるので取れすぎてしまって寒くないかと心配になるほど(^^;
いつもはスリッカーと櫛と掃除機の3段活用でしたが、ペット用品ならコーム自体に絡んでくれるので掃除機は最後の始末程度で本当に楽になりました。
これなら友人にもお薦めできる品物です。

ペット用品、いいですネ~(^^♪
面白い様に毛がとれます。
それに、取れた毛が飛び散らない・・
ペット(犬と猫とうさぎ)の抜け毛取り ピロコーム   ピロコームとは  Philocomb is gentle and balanced brush Innovatives Haarauskammen mit Philocomb L'eccezionalepettinetoglipelo Philocomb ピロコーム開発 近所の犬と開発したよ, 日本猫 ピロコーム, となりの猫たち 世界の猫たち ピロコーム, ウエルシュ・コーギー・ペンブローク ピロコーム, ダックスフンド(ミニチュア・ダックス) ピロコーム, 柴犬 ピロコーム, ポメラニアン 小型スピッツ ピロコーム, チワワ ピロコーム, 日本スピッツ, グレート・ピレニーズ, ニューファウンドランド, シー・ズー ペキニーズ チベタン・スパニエル, サモエド, シェットランド・シープ・ドック, ゴールデン・レトリーバー あらいぐま ヤギ, シベリアン・ハスキー, ビアデッドコリーの家族たち, ボーダーコリー, アフガン・ハウンド, 犬の基本的性格, ピロコームの動画, 日曜ブドウ園,
公園で犬が熊を追い払い、恐怖にかられた熊が木に登ってしまうまで追いかけたという、魅力的な、そして疑いもなく本当のできごとを描いている。
二匹の犬、それもとくに雄犬の間で戦闘に先だって行なわれる攻撃の誇示行動は、まったく異なっているか、これも印象的であると同時に壮大な見ものである。
犬は前に述べたのと同じように四肢をこわばらせたままたかいに向きあって立つか、この場合には、ねこ背と側面をみせる姿勢は、ほとんどまったく影をひそめている。
攻撃の誇示行動しあっている雄犬は、すでにすっかりお馴染みのあの調子でうなりながら、尾を振りまわしつつ頭を接して立つ。
この動きを別にして、彼らは、数分にも達する驚くほど長い間、銅像のようにじっとしている。
それぞれは、「どちらか長く耐えていられるか」という原則にたって、相手の士気を挫こうとする。
その他の運動、とくに優勢な犬の前進はゆっくりした動作で行なわれる。
ゆっくりと、非常にゆっくりと、一方か、相手の顔に恐ろしい攻撃の誇示行動のうなり声をあびせながら、ほんのちょっぴりずつ前進し、長い時間がたってから、人間の目には殆ど捉えられぬほど素早く、一瞬のうちに敵意は爆発する。
自己誇示ではなく、屈従の姿勢と結びついているもう一つの攻撃の誇示行動の型は、仲のよい人間に、がまんできないほど「なぶりもの」にされたときにみられる。
嘆願するような屈従の姿勢かともなうこの抑制された攻撃の誇示行動の型は、動物か馴染みのない環境におかれて、審査員や自分の知らない他人にさわられてもがまんしていなければならない犬の品評会とか、それに似た催しでもっともよくみられる。
このようにして驚かされ、尻込みする犬は、床にぴったり這い蹲ってしまうまで体を低くする。
耳は攻撃の誇示行動するように後方にひかれ、尾の先端は怒ったように左右に振られる。
気持かさらに動転すると、犬は低くうなりはじめる。
この気分のときには、犬はなんとかして身を守るものをみつけだそうとして、食器棚や暖房のパイプの後ろにかけこんだり、犬猫病院での犬の患者のお気に入りの場所煙突にかけ上がったりする。
そのような避難場所か手近なところになければ、犬は半身に構えて背中を壁におしつける。
犬の品評会の審判台の上でも、犬はこの半身の構えをとる。
この姿勢は、すぐにも前肢で打撃を加えることを示しているのである。
驚きかさらに強まると、半身の構えはますます横向きの度合いか激しくなって、ついには片方の前肢か床から離れ、攻撃にそなえて爪かむき出しになる。
犬の恐怖がこれ以上高まると、その反応として、犬にできる最後の絶望的な防衛の手段にたよることをうなかすようになる。
犬は仰向けになり、もっているすべての武器を攻撃者に振り向ける。
この最後の行動は、犬の品評会での審査のさいにしばしばみられる。
経験をつんだ審判員か、この小さな猛獣の恐ろしげな攻撃の誇示行動にたいしてほとんど注意を向けず、打撃を加えるために前肢を上げ、のどがみえるほどロを開いて、高くあるいは低く雄犬の歌を歌っている動物に、満足そうに手を触れることは、わけ知りの犬の飼い主にとっても、たえざる驚きである。
まぎれもなく「さわらないでくれ、さもないと本気で噛みついたりひっかいたりするぞ」といっているにもかかわらず、決定的な瞬間にも、犬は、本当にそうはしないし、せいぜいのところまったく気のすすまない様子で噛んだりひっかいたりするにすぎない。
それというのも、立派なよく馴れた動物か獲得した抑制は、この厳しい試練にすらよく耐えるからである。
というわけで、犬は親しさを装って、ひっかいたり噛んだりするのではなく、反対に、犬の立場からみてがまんのならぬ審査から身を守るために攻撃の誇示行動するのであり、しかもその攻撃の誇示行動は、行動に移すことができないのである。
私は、他のどの動物にもましてその感情をあからさまにあらわすネコについて、いわゆる「ネコのような」性質を現実に見出すことかできない。
われわれの家ネコにこのように不当な評価かなされるのは、ネコは人間にへつらわない、すくなくとも女性にたいしてへつらわないためであるとしか、私には説明できない。
成熟した雄ネコの男らしさを高く評価する擬人化の嫌いな観察者でも、ネコとネコ科の猛獣に典型的な優美な身のこなしには、ご婦人、それもとりわげあるタイプのご婦人と疑う余地のない相似かあることを認めざるをえない。
このタイプのご婦人はここに私の論点かあるのだが、われわれ哀れな男性にとってはまことに不可解な存在であり、魅力的であると同時に、だからこそ危険でもあるのだ、このタイプの女性をもっともよく代表する存在であり、世界の文学をいろどる不実さにたいする男の苦情を、すべてその身にになっているのである。
ネコが不実でネコ的だとみなされるのは、ネコのように優雅なご婦人たちの多くか、この形容語句に真に値するからこそであると信じている。
[戻る]  トップへ戻る