×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


リンク集
イヌの飼い方は儲け主義に堕落しているという説を唱える人の意見がある。
スポーツとして狩りに興ずる人や猟人は、傷ついた獲物の探索をお雇いの手下にまかせることか多いし、イヌが自分の主人に対すると同じようにその雇い主のためにも働くことは、立派な猟犬にとって必須のことなのでありそれから外れるものは始末しなければならない。
しかし、愚かな女たちが遣る事の内でも取り分け愚かしい流行が哀れなイヌを始末せずに残す事でその装いを左右し始める時、問題は深刻なものとなる。
かくして、もとは優れた精神的な資質を持って居たものでも、流行の寵児となった結果、それを完全に台なしにされなかった品種は一つとして無い有様である。
イヌがこういった流行に晒される事無く、実際的に躾られる世界の何処かの片隅だけが、この破壊を免れた。
元々優れた品種としてのその特性を保っているイヌの血統は、その故郷にいくらか残っているが、この世紀の変わり目頃にヨーロパで人気を高めた血統書つきの品種は、殆ど信じられぬまでに精神的には劣化してしまった。
All Pretty Tails Philocomb Classy Cat & Dog Dishes Philocomb 輝く被毛はゴールデン・レトリーバー フラットコーテッド・レトリーバー ボーダー・コリー  我が家は王室並みキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル  犬猫好きのトイ・プードル  家族のような柴犬・ビーグル  猫好き家族のアメリカン・ショートヘアー  我輩は猫王メインクーン  パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャー  メタボ近しミニチュア・ダックスフンド  ペット抜け毛取りブラシ選び  スキップ大好きチワワ  マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア  力を抜いたラグドール  ペット好きのパピヨン  野良猫日本猫  うさぎ  誇り高きライオン シー・ズー  踵齧りウエルッシュ・コーギー・ペンブローク  野良黒 ミニチュア・シュナウザー  日本のネコに野生猫  水着が欲しいラブラドール・レトリーバー  世界のネコ  Land1 花  Land2 花ランド 
イヌの飼い方は儲け主義に堕落しているという説を唱える人の意見がある。
セントバーナード修道院やその修道憎がチベットに設立した立派な分派には本当のセントバーナード犬が存在しているが、中央ヨーロッパでは、この品種のイヌは、堕落した精神的な出来損ないだけしか見る事が出来ない。
この地では、現代化されている品種に対して実際的な飼育を試みても、もはやそれに背骨を叩き込む事は出来ない。
この品種の運命は決定されてしまったのである。
理想主義者で、望ましい基準にほんの少々でも欠けるところがあるイヌを扱うくらいなら殺したほうがましだと考える飼育家ですら、肉体的には美しいか精神的に欠点のあるイヌを育てたり、その子を売りつけたりすることを倫理にもとるとは考えていない。
私がこの本の読者と考えている動物愛好家の方々は、次の事を信じて頂きたい。
現在おもちのイヌが、その品種の肉体的なスタンダード基準の理想に殆どぴったりだという誇りは、時と共に失われる。
だが神経質だとかくせが悪いとかあるいはとてつもなく臆病だとかいう心理的な欠陥についての悩みは、決して消える事が無い。
実際、時が経つにつれて、そうした精神的な欠陥はいよいよもって目につくようになるだろう。
長い間には、賢くて、忠実で大胆な血統書なしのイヌが、一財産投じて手に入れたチャンピオンより、ずっと大きな喜びを与えて呉れることは確かである。
ペット(犬と猫とうさぎ)の抜け毛取り ピロコーム   ピロコームとは  Philocomb is gentle and balanced brush Innovatives Haarauskammen mit Philocomb L'eccezionalepettinetoglipelo Philocomb ピロコーム開発 近所の犬と開発したよ, 日本猫 ピロコーム, となりの猫たち 世界の猫たち ピロコーム, ウエルシュ・コーギー・ペンブローク ピロコーム, ダックスフンド(ミニチュア・ダックス) ピロコーム, 柴犬 ピロコーム, ポメラニアン 小型スピッツ ピロコーム, チワワ ピロコーム, 日本スピッツ, グレート・ピレニーズ, ニューファウンドランド, シー・ズー ペキニーズ チベタン・スパニエル, サモエド, シェットランド・シープ・ドック, ゴールデン・レトリーバー あらいぐま ヤギ, シベリアン・ハスキー, ビアデッドコリーの家族たち, ボーダーコリー, アフガン・ハウンド, 犬の基本的性格, ピロコームの動画, 日曜ブドウ園,
イヌの飼い方は儲け主義に堕落しているという説を唱える人の意見がある。
飼育家が肉体的な資質と精神的な資質のどちらを取るかについて妥協することは、極めて有りうる事である。
このことは、さまざまな純血種のイヌが流行の犠牲にならぬかぎり、その品種に特有のよい性質を保持しているという事実によって証明される。
ところでドッグショウはやはり、それ自体かなりの危険性をはらんでいる。
展覧会において血統書つきのイヌの間で行なわれる競争は、自ずからその品種を特徴付ける性質を誇張するように仕向けられているからである。
イヌの飼い方は儲け主義に堕落しているという説を唱える人の意見がある。
昔の絵たとえばイギリスのイヌの飼育についてみると、古く中世に迄遡って見る事が出来るのをみて、それを同じ品種の現在の代表的なイヌの写真と比べて見ると、後者は元の血統の悪しき戯画さながらである。
ここ二十年の間に実際に持て囃されるようになったチャウチャウ犬の場合に、この事は特に顕著である。
昔はチャウチャウ犬はまだ自然のイヌであり、野生の形質をはっきり留めていた。
尖った吻、斜めについたモンゴルふうの目、それに鋭く上をさして直立した耳は、その顔貌にグリーンランドのそり犬サモエド犬、エスキモー犬など、要するにすべてのオオカミ系の血すじを強く引いたイヌに特有の魅惑的な表情を与えていた。
現代のチャウチャウ犬の飼育法は、こうした特徴を誇張する方向に向かい、その結果、イヌはむくむく太ったクマのような姿となった。
鼻づらはほとんどマスティフのように広がって短く、顔全体が圧迫されて目は斜めでなくなり、耳は、毛足かひどく長くなったために殆ど隠れてしまった。
精神的にもまた、野生の猛獣の面影を宿していたこの気むずかしい動物がずんぐり膨れた玩具のクマの様な物に成り下がったのである。
しかし私のチャウチャウ犬はそうではない。
そこらの飼育家の犬とは違う。
イヌの飼育屋たちの仕来たりを全く無視した私のイヌたちは、シェパードの血を非常に多く身内に讃えているのである。
[戻る]