TOPへ  >   [戻る]
ペットと石のまちの石彫フェア♪



そこで、今日的な意味での赤松盆栽の将来を考えてみると、従来から言われてきた「赤松は文人木」という常識はそれとして、赤松本来の魅力がどこにあるかが聞われねばならないであろう。
赤松は、文人木だけではないのである。
細幹のものが文人木に向くのは当然としても.太幹に迫力ある模様木、人為を超えた捻転する幹をもつ変わり木、禽利を晒し神を噛む豪壮の幹、あるいは懸崖・株立ち・寄せ植え・石付きにと、赤松の樹形は白由な展開を可能にする。
現にそうした素材や名品も数多いのである。



お好み  TOPへ > 戻る
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   犬の基本的性格, ピロコームの動画, 日曜ブドウ園,