×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   戻る

石のまちで彫刻探求

動物


石なのに
可愛い動物が

沢山居ます
蒙箭檎は芽立ちが薄紫、後に青葉、花は紅色の一重、小実で青紫色、枚は案色。
水晶大実は寿出しが貫色、後に青業、花は純自一重大輪、案も大きく.青菖色。
その飽の改毎は、誕録に鼠さ拠おので五十種以上に芭のぼる豚どであった。
ザクロは噴地性のものであり.寒気は迷けた方が良く.植え替えも茅纏動いて桜の繋わ った頃に行なった芳か良い。
早め砂檎之誉えや.冬場の水切拠等が原因で.茅甑し不墓 (倦に風邪を引くΨとなりやすい静筐もあ鞍.二賑・」には枯死に至ることもあり要注意である。
この対策として面自い方法で「緯伏せ」、と言う先人の智惑がある。
地面に鉢ごと入る深さの.穴を掘り、そこに入れて、充分に霧をかけ、その上に樗を伏せるのであるが.地置と湿度によって無事に茅を出してくれるのである。
なお.ザクロの変わった点は、根元に細根が出ず絡らなく植え替えの際、根土が瑚れやすいので根元に土の陳間を作らぬよう注意が必要で、さらに太根の切除ほ幹のやけ込みにつながることもあり.太根.太枝の切り込みは要注意である。
用土は赤玉小粒が7、腐葉土が3。
全聾時代には荒木田が最良とされたが翼在は入手軽.入手が可能であれぱ赤玉より壊土ならなお臭 芽つみば新芽の先瑞に誉を箸けるもの事り春先の穿つみはやめる。
盛夏の頓.花の終わりを誇って樹形を作りながらの郵定をする。
針金かけは花後の剪定と同時に行なうことが合選的である.この種の特性として鎮幹に現れるように、すぺてが左饗れなので逆らわぬよう.針全も左巻きを心がけることが安金である。

お好み  TOPへ > 戻る