TOPへ  >   戻る

ペットと石のまちで彫刻探求

仏像


石です

如来や菩薩が乗っているのは蓮華座といって、蓮の花の上に乗ってます。
蓮華っていうのは仏教の中では特別な花で、泥の中から、あんなにも美しい花を咲かせるという、感動があったんだろうと思います。
その感動と仏教の教義というか理想が一致したことが、仏の座として、蓮華が選ばれた理由といえます。

晩夏から初秋(8月下旬ー9月中旬)は、樹木が栄養蓄積期に入るときで、葉面積の変化の影響の最も大きい時期である。
したがって、この時期の整枝・勢定は最も危険であるから、絶対に避けなけれぱならない。
副 病順菌の活動めところで述べたように、枝枯れれ病〓の飛一生している樹木に肥料を施すことは、病賊め蔓廼をうながす恐れがあるから、避けなけれぱならない。
施してある肥料は取り除く。
また、ね詰まりしている場合いは「時期が良ければ」械え替えて、水の透過と排氷や乾きを良くして、肥料分のない状態で租が健奄に活動できるようにする。
(かつて枝粘れ病の発生したネズミサシを、根洗いしたのを兄たことがある。
私はこの場へu、根洗いの効艇のほどは分からないが、肥料を除去することに効果は騰ると思う。
) 薬剤の効果であるが、股植れ病薗は、樹皮の下形成層で活動するかち、薬剤によって防除することは、困蠍というよ12、不可能に迂い。
では、薬剤散布はまったく無効果かといえばそうともいい切れない。
それは、整枝・剪定のときは、人為的に樹木を傷つけるし、台風・暴風、雨などのときなどは、いつ傷がつくかも知れないのでおる。
こうしたとき、もしその部分に股酷れ病槽がまだ優人していなかったとしても、どこからか蘭が侵入する可能性が充分ある。
こうしたときは、薬剤散価がしてあれば、その侵入を防ぐことができるのである。
したがって、整枝・靭定の後や、暴風雨などの庇後には、薬剤散砺をずることが好ましいので ある。
健鵬する薬剤としては、気温の低いときは、、砺灰硫就昏剤調.」典いし、隼間を通じて使則出栗るものとしては、有磯碗餅→剤…が典い。
凡ハ体的巡11朋としては次響」のようもはものが學えられる。

お好み  TOPへ > 戻る