TOPへ  >   戻る

ペットと石のまちで彫刻探求

ふくろう


石なのに
辻の陰で

じっと見ています
つまり、趣味とはそういうものだろう。
たかが趣味。
それも然りだが、お客さんの場合は暇潰しというには、あまりに熱心である。
芽摘みの時期には、毎朝4時半には起きて1鉢か2鉢仕上げ、夕方帰宅するとまた行なう。
夕方帰宅すると、まず棚へ行き鉢の乾き具合を見て回る。
これが日課である。
乾いた鉢があれぱ水をやり、ついでに枯れ葉を取ったりしてから家へ入る。
休日は、ほとんど1日棚で過ごす。
入がお客さんの棚を見たら、これだけのネズミサシの芽摘みをある期間、毎日毎日くリ返すのは、さぞ大変な作業だろうと思うだろうが、お客さんに言わせれぱ、それは、人が見て思うことであって、実際は違うそうだ。
なぜなら、新芽を全部摘んでしまうわけではないからだ。
伸ばす部分は残すし、培養中の樹はポウポウに伸ばしておく。
一様に摘み取るわけではないのだ。
しかしそうは言っても、lOO鉢もあれば、かなりの労力ではあるだろう。
ところが、この芽摘みほど楽しいものはないそうだ。
それは、芽 摘みをすると樹がよくなるからだ。
それを見るのが楽しいと言う。
また、ガがツーンと出ているのはすごく気になるそうた。
たからつい樹をいじりたくなる。

お好み  TOPへ > 戻る