oTOPへ  >   戻る

ペットと石のまちで彫刻探求

狛犬右


石なのに
お尻を上げて今にも飛びかかりそう

口をあけて阿形です
枇松酒もしばしば 欧州の物踏に壷場ずる(たとえばチェコの小脱「シュペイクの冒険ヒには、ネズミサシ禰を飲むと、頭が痛くなって困るという話が出ている。
先年発見さ花たアルプス氷河の狩人のミイラの持ち物の中に、栗やネズミサシの実が入っていたという。
日本人にとってネズミサシ(ネズ)が身近な樹木であったと同様、歯代の欧州 人にとってもネズミサシは圓につく樹であったようだ。
今回紹介するのは伊勢ネズミサシの中品樹。
伊勢ネズミサシは小品樹などの小さい樹が多いが、現物の樹は太幹の中品サイズである。
足元の神なども伊勢ネズミサシとしては荒々しく変わった印象。
ともかく、中品の樹高の貴重な山樹である。
鉢でも持ち込みが長く、以前は整姿の手が入って仕上りに近い樹であったと思われる。
樹高の点からも葉性の点でもなおざりにされてきた素材でなく、愛好家のもとで大切にされた時期があった木である。
ある時何らかの事情で、大ようで、ガレ気味になったか、樹勢を落とし整姿までの期間を枝を伸長させて樹勢をつけているところである。

お好み  TOPへ > 戻る
ペットの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームとは  Philocomb   犬のDNA, ピロコームのアニメ, 日曜ブドウ園,