リンク集
最初、イヌが若いほど、その後の生活でイヌが主人に懐く気持は、一般に強い。
そして、イヌが立派に成長した後で掛けた苦労を思い出す時、喜びは一入である。
その思い出は、噛み裂かれた何足もの靴や敷物のうえの一つ二つの汚点を償って余りある。
最後の助言は私の特別な好みに由来するものであり、従って、採否はお任せする。
よしんば年に二度の発情期がかなりの不都合をもたらすとしても、できれば雌イヌを手に入れたい。
よく心得たイヌの飼い主は皆、雌イヌがその性格の幾つかの点で雄イヌより好ましいという私の意見に同意されるだろうと思う。
一時ア私の家には、四匹の雌イヌがいた。
私の父は雄イヌを一匹だけ飼っていたが、彼は好ましからざる求婚者を家に近づけないようにするのに苦労したものである。
そこで、この二匹も河原へ私の散歩のお供を許された。
見知らぬイヌが付いて来るのは、私には実にしょっちゅう有る事だったが、このときは村を外れた所で、私は付いて来るイヌの一団の数の多さに吃驚して、数えてみた。
わが家の五匹を除いて、他のイヌが十六匹も私たちの後についてきていた。
全部でなんと二十一匹ものイヌの護衛が付いて居たのだ。
ともあれ、私は先の忠告をくり返す。
雌イヌは雄イヌより忠実だし、その心の仕組みはより美しく、豊かで、複雑であり、その知力は一般に優れている。
私は非常に多くのイヌを知っており、其の上で確信を持っていう事が出来る。
あらゆる生き物のうち、物事を弁える点で優れていること、および真の友情を分かちあえる能力において人間にもっとも近いのは雌イヌであると。
英語では彼女の呼び名が辱めの言葉に成って居るのは、全く不思議なことである。
All Pretty Tails Philocomb Classy Cat & Dog Dishes Philocomb 輝く被毛はゴールデン・レトリーバー フラットコーテッド・レトリーバー ボーダー・コリー  我が家は王室並みキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル  犬猫好きのトイ・プードル  家族のような柴犬・ビーグル  猫好き家族のアメリカン・ショートヘアー  我輩は猫王メインクーン  パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャー  メタボ近しミニチュア・ダックスフンド  ペット抜け毛取りブラシ選び  スキップ大好きチワワ  マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア  力を抜いたラグドール  ペット好きのパピヨン  野良猫日本猫  うさぎ  誇り高きライオン シー・ズー  踵齧りウエルッシュ・コーギー・ペンブローク  野良黒 ミニチュア・シュナウザー  日本のネコに野生猫  水着が欲しいラブラドール・レトリーバー  世界のネコ  Land1 花  Land2 花ランド 
イヌの飼い方は儲け主義に堕落しているという説を唱える人の意見がある。
たいへんな知力を要求する複雑な芸当をやってのけるサーカスのイヌが、血統書を持って居る事は殆ど無い。
これは「貧乏な」芸人が血統のよいイヌを買うことが出来ないからではなく立派な芸を身につけたサーカス犬には法外な金が支払われるくらいだ、イヌに立派な芸を演じさせるものは、肉体的な資質よりもむしろ精神的な能力だからである。
混血種のイヌをこの仕事に向くように仕向けるのは、ただその高い知力や学習する上でのより良い能力だげでなく、とりわけ彼らがさほど神経質ではないという事実なのだ。
つまりその逞しさがずっと強い神経の緊張に彼らを耐えさせるのだ。
私の常に変わらぬ伴侶であった全てのイヌのうち、たった一匹だけが見せ物の舞台に向いていた。
それはシェパードである。
彼はたしかに傑出した動物で、申し分のない貴族的な性格をもっていたが、感情の細やかさや精神の感受性の点では、何の血統書も持たない、有り触れた私のシェパードとは比べ物に成らなかった。
ペット(犬と猫とうさぎ)の抜け毛取り ピロコーム   ピロコームとは  Philocomb is gentle and balanced brush Innovatives Haarauskammen mit Philocomb L'eccezionalepettinetoglipelo Philocomb ピロコーム開発 近所の犬と開発したよ, 日本猫 ピロコーム, となりの猫たち 世界の猫たち ピロコーム, ウエルシュ・コーギー・ペンブローク ピロコーム, ダックスフンド(ミニチュア・ダックス) ピロコーム, 柴犬 ピロコーム, ポメラニアン 小型スピッツ ピロコーム, チワワ ピロコーム, 日本スピッツ, グレート・ピレニーズ, ニューファウンドランド, シー・ズー ペキニーズ チベタン・スパニエル, サモエド, シェットランド・シープ・ドック, ゴールデン・レトリーバー あらいぐま ヤギ, シベリアン・ハスキー, ビアデッドコリーの家族たち, ボーダーコリー, アフガン・ハウンド, 犬の基本的性格, ピロコームの動画, 日曜ブドウ園,
イヌの飼い方は儲け主義に堕落しているという説を唱える人の意見がある。
私のフレンチブルドッグには実際に血統書があったが彼はその品種の不適格品であり、どの点からみても、血統書付きのイヌの飼育の理想像を備えていなかった。
彼は余りにも大きく成り過ぎていたし、頭も足も長すぎた。
その背中は余りにも真っすぐだった。
要するに、彼はフレンチ・ブルドッグにしてはあまりにもまともなイヌでありすぎたのである。
しかし私は一つのことだけは知っている。
この種のイヌのチャンピオンで、私に知能で抗しうるものなど決して居ない、ということである。
厳密に肉体的な基準を主眼にしてイヌを飼育することが精神的な資質をのばす訓練と両立しないというのは、悲しむべきだが否定できない事実である。
この両方の要求に合致する個体は全く居ないと言って良いほど稀で、居たとしてもその品種を繁殖させる基盤とする事さえ難しい。
それは丁度肉体的になんらかの点で偉大な知性や、どうやら我慢できる程度の頭をもった本当の美女を考える事が出来ないようなもので、どんな品種にもせよ、自分のものにしたくなるようなものなど、私は一匹として知らない。
この二つの異なった方向をめざす理想が根本的に背反するというのではない。
完成された肉体を備えたイヌが、なぜ同様に望ましい精神的な属性を授げられ無いのかは理解しがたいし、この二つの理想はそれ自体極めて稀であるからして、それが一つに結びつき、同一個体に備わると云うのは、殆ど有りうべからざる事と成って居るのである。
イヌの飼育者がこの二つの理想を純粋に追求したとしても、なんらの妥協なしに自分の目的を成就するのは殆ど不可能に近い事を、彼は知るだろう。
[戻る]