×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


nj1
チワワ


チワワ


チワワ





チワワ


チワワ


チワワ


スキップ大好きチワワ
スキップ大好きチワワの原産地
古代メキシコ文明において神聖視されていた犬。
9世紀頃、現在のメキシコにあたる地で栄えたトルテカ文明の時代に、テチチと呼ばれる小型の骨格のしっかりした犬がいたらしいことが、当時の遺跡などからわかっています。
 この犬が、現在のチワワの原型ではないかという説があります。
アステカ文明の時代には王侯貴族などの富裕階級の人々に飼われ、特にブルーの毛色のものは、神聖視されていたといわれます。
この峙代、人は「人間の罪を浄化し、神の怒りを解くもの」として生贅とされたり、死者の魂を冥界に導く先導役と考えられて、死者と一緒に埋葬されたりしたようです。
 ポケットドックと呼ばれるほど小さいのに、なんでもわかっている賢いチワワを見ていると、メキシコの民に、神の使いとしてあがめられた人の末裔というエピソードは、ぴったりだという気もしてきます。
 しかしながら、アステカ帝国が16世紀の初頭、スペインのフェルナンド・コルテスの侵略によって消滅したのちのテチチの消息は明らかになっておらず、現在のチワワとの関係は今ひとつはっきりとしません。
古代エジプトからマルタ島にもたらされた犬とも。
 スペイン人による征服以前のメキシコには犬は存在しなかった、テチチは犬ではなくげっ歯類であるという説もあります。
 古代エジプト人の墓から出土した小型犬の頭蓋に、チワワによく起こるモレラ(頭蓋の骨が柔らかいために生じるくぽみ)の痕跡が見られることから、古代エジプトに、すでにチワワとよく似た犬がいたらしいと考えられているのです。
 その犬は紀元前600年頃、カルタゴの植民者の手によってマルタ鳥にもたらされたと伝えられています。
そして、15世紀にマルタ島がトルコに占領された頃から、マルチーズとともにヨーロッパ大陸各地へと持ち出され、スペインでも飼育されていたらしい歴史があり、それがスペイン人の植民者とともにアメリカヘ渡ったという説です。
色々なものを小型化するのが得意な東洋人か作った犬かとも。
 東洋人は動物でも植物でも小型化するのが得意なのです、この世界最小犬も束洋から起こったものではないかという説です。
16世紀半ばにフィリピンを植民地としたスペインが、中国からフィリピンを経由し、さらに太平洋を横断してメキシコに至る通商ルートを開拓した際に、この珍しい犬が東洋からメキシコにもたらされたというのです。
 しかし実際にチワワの原型と考えられる犬が東洋には見当たらないことが、この説の大きな弱点です。
そういえば、どこか神秘的な感にがしなくもありません。
ということですが、大多数の支持があるのは、メキシコ原産の超小型犬です。
メキシコのテチチという古代から飼われていた犬が元となって作られた犬種と言われています。
テチチは、アステカ文明の繁栄を支えたトルテック族やアズテック族によってペットとして飼われ、また宗教儀式に欠かせない存在だったようです。
現在のチワワを作り上げた国はアメリカ。
 チワワにはそのルーツに諸説がありますが、いずれにしてもチワワを現在のような比類のない小型犬種として作出しだのは、アメリカの繁殖者です。
当初のチワワの毛質はスムースだけでしたが、その後、チャイニーズ・クレステッド・ドッグ、パピヨンやヨークシャテリアなどと交配され、ロングコートチワワが誕生しました。
スキップ大好きチワワの魅力
ちっちゃい体で大きい目。
チワワはあの大きな目で、本当にいろいろ感情を表現してくれます。
マンションなどでは、小さなワンちゃんは非常に飼いやすいです。
また、体が小さいため、それほど運動量も必要とせず、散歩が毎日の強制でないところもうれしいところです。
ただし、チワワはとってもお散歩が大好きな犬種です。
スキップ大好きチワワの性格
機敏で知性があり、自立心旺盛な子が多いです。
小さい体に似合わず、大きい犬にも立ち向かっていくような大胆で勇敢な面もあります。
超小型犬ですので、周りの世界は大きいものだらけです。
小さいうちからお散歩に出てしっかりと慣らさないといろいろなものに対して警戒心を持ったり、極度なシャイになったりすることが多いです。
猫っぽい面があり、常にマイペースで、甘えたい時にはベタベタしてきますが、気がすむと淡泊でそっけないです。
新しいペットや幼児に対しては注意が必要です。
自己中心的なので、物覚えは悪く、厳しくするといじめと勘違いして逆ギレするので、訓練には不向きです。
スキップ大好きチワワへの接し方
チワワはその小ささからついつい甘やかしてしまうことが多く、唸る・噛む・吠える等の問題行動があります。
小さいながら自我は割と強いため、しっかりしたしつけが必要です。
強くしかったり体罰を与えると根に持って反抗的になっていきます。
「アップルドーム」と呼ばれる丸い頭部の頭蓋骨が開いている固体が多く、頭部を叩くのは脳障害や意識障害の発作を引き起こす原因になりますから厳禁です。
スキップ大好きチワワにとっての快適生活
自意識がちょっと強いですので、甘やかしすぎると自分が偉い勘違いしてしまい、飼い主の言うことを聞かなくなってしまう可能性があります。
逆に一度リーダーだと認めると、甘え上手で、非常に飼いやすい犬種です。
チワワは大型犬よりも比較的長く生きますが、老犬になると、病気にかかる比率も高くなってきます。
チワワ


チワワ


チワワ





チワワ


チワワ


チワワ



チワワ


チワワ


チワワ


チワワ


チワワ


チワワ


チワワの手入れ (抜け毛対策、毛玉ほぐし)
 日常的な手入れは愛犬の健康維持に欠かせません。
手入れの基本であるブラッシングには被毛を美しく整えるだけでなく、体についた埃やゴミ、死毛、ノミなどの寄生虫を取り除くといった重要な役目があります。
また、皮膚を軽く刺激することで血行を促進し新陳代謝を活発にする働きもありますが、スリッカーは皮膚に擦過傷を付けるので注意します、スリッカー使いの犬はフケ症になるのはコレが原因の一つです。
ことにチワワは小さい割りに抜け毛の多い犬種ですから、ブラッシングは毎日してあげるのが理想的です。
 ロングとスムースは毛の長さ、毛質が違いますから、それぞれに適した道具を使ってブラッシングします。
ブラッシング用具は一般的には、毛が長めで柔らかいロングちゃんはピンブラシかスリッカーを使って全身をブラッシングし、コームで仕上げていますが、私はピロコームE3がお勧めです。
スリッカーは皮膚を傷つけないよう注意し、使い続けると毛切れするのにも注意します。
首からお尻のほうへ毛の流れに沿ってブラッシングしますが、力は加減し、手首のスナップを効かせて皮膚と平行に動かすようにしましょう。
首まわりは毛が豊富なので丹念に行います。
顔は動かないよう押さえておきます。
胸の部分は毛を逆立てるようにブラッシングをしましょう。
最後にコームで全身の毛並みを整えます。
耳や顔の周辺はコームでとくようにしたほうが安全ですが、コームは手首が疲れるので最後にちょっとということです。
ロングコート・チワワのブラッシングは抜け毛を取り除き、毛玉を防ぐ意味からも重要です。
こまめに手入れをしていかないと、ロングコートチワワなどは、毛玉ができてしまいます。
ブラシを一度嫌がりはじめると、これらを見ただけで、吠えたりするようになってしまうこともあります。
ブラッシングのときに、毛に引っかかってしまったら、決してムリに引っ張らないで、ひとつひとつ解きほぐしてあげます。
金櫛は手返しの加減によって上手にやれますが、家庭で簡単に手入れするのはピロコームE3でしょう。
短毛で硬い毛が密生しているスムースのブラッシング用具は一般的には、ラバーブラシか獣毛ブラシあるいはノミ取り櫛を使いますが、こちらも私はピロコームE1がお勧めです。
毛が短いので水を軽くスプレーし、首からお尻にかけて毛の流れに沿って優しくブラッシングしていき、表面や毛の間のよごれを取っていきます。
続いて胸からおなかにかけてブラッシングしますが、片手で大の前足を持って立たせるか、あお向けに寝かせるといいでしょう。
ピロコームE1は気持ちが良いので自分から仰向けになってくれます。
耳のつけ根や肛門付近はノミ取り櫛を使って丁寧にといていくのが良いです。
顔は蒸しタオルで拭いてあげます。
スムース・チワワは毛玉ができないが、とても抜け毛が多いので毎日のブラッシングが大切です。
小さなチワワにソフトタッチのピロコームE1がおすすめです。

スリッカーやコームは子供には難しい所がありますが、ピロコームはどれも簡単で安全なので子供のお手伝いに最適ですね。
スキップ大好きチワワの薀蓄・雑学
チワワ


チワワ


チワワ


犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム


チワワ


チワワ


チワワ




チワワ


チワワ







 私は会社に勤め、家ではペットを飼い、日々なんとなくすごしています。
近くのわんわん動物園に、行ってきました。

 ペットについてつぎへ。
家には保健所からやってきた猫がいます。
来たときは、元から居た犬に激しく威嚇しました。
それが次第になれて一緒に昼寝をしたりするようになり、仲良く過しています。
猫はなんでこんなにも遊びが好きな動物なんでしょう。
遊ぶ動物ほど知能が高いと言うそうです。
子猫は網戸を登り始めました。
爪を網に引っ掛けて登っています。
ヤモリみたいに事由自在に登ります。
子猫はカーテンも登ります。
カーテンレールまで登ってその上の棚に登るのです。
子猫は家中の本箱の上や吊り棚の上に登ってしまいます。
家中の探索が完了してしまうと、目は外に向くようになりました。
保健所からは猫を家の中で飼うように指導を受けていたので、外へ出さないようにしていました。
しかし、玄関に行くと次に戸を開けて外へ出ることを理解して、何処からかスッ飛んで来て隙を突いて外へ出るようになりました。
子猫は外へ出ると地面に転がってゴロゴロと幸せそうなので困ってしまいます。

石のまちの石彫フェアへ


まちの石彫フェアへ


石のまちで彫刻探求へ


つる人参へ


犬園へ


お気に入りLink 犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ペット用抜け毛取りブラシ ピロコーム  ピロコームの詳細説明  Philocomb is gentle and balanced brush Innovatives Haarauskammen mit Philocomb L'eccezionalepettinetoglipelo Philocomb