TOPへ  >   [戻る]
ペットと石のまちの石彫フェア♪



マツは四季色を変えないので節操の高いものとされ、その形態や色合いのよさから、吉祥の木として庭本や盆栽、挿花に用い.正月の松飾リにはアカマツやクロマツの枝が沢山使わ花るが、普マツは神様に嫌われたことがある。
マツの名の由来の一つにあげられている「待つ」をマツに結びつけて、マツを嫌うのである。
私の住む東京都府申市の大国魂神社には五月五圓の例祭の神事に「七十五度御膳催促の儀」があり、七十五回御膳を催促し'てもまだできなかったので、神様が待つ(マツ)を嫌われ、境内にはマツを植えない。
そして正月の飾りにもマツを使わず竹だけで飾る。
エー葉県市原市姉ヶ崎町の姉ヶ崎神社、京都市北区紫竹の久我神社でも同じように「待つ(マツ)」はいやだと嫌われる。



お好みへ  TOPへ > 戻る
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   犬の基本的性格, ピロコームの動画, 日曜ブドウ園,